はやせ。の日常diary

~人生その場のテンションで~

犬の餌を食べた話…

 

僕は疲れていた。朝から夜まで忙しい1日だった。

 

同時に、お腹が空いていた。

 

 

 

今日は、しっかりと朝ごはんを食べた。

 

朝ごはんを食べた日は、食べてない日よりお腹が空いてしまう。

 

これはなぜなんだろうか。

 

食べてない日は1日何も食べなくてもいける気がするのに。

 

そんなことはどうでもいい。

 

 

 

それで、帰宅してお腹がとても空いていた僕は、机の上にあるタッパーに入ったビスケットを食べた。

 

舌の上にビスケットが乗った時は何も思わなかった。

 

しかし、それは咀嚼した瞬間にやってきた。

 

賞味期限が遥か昔に過ぎたかのような生臭いチーズと、ほうれん草かなんかの緑黄色野菜とを混ぜ合わせたような、

 

得も言えぬ(言えてるが)味が口の中、鼻腔を支配した。

 

すぐに吐き出した。すぐに。

 

食べたくない味だからというより、自分の味覚がおかしくなったことに驚いて吐き出してしまった。

 

 

 

とうとう僕も喰種(グール)になってしまったのかと。

 

宮崎喰種か。コーヒー飲めないんだけど大丈夫なのだろうか。

 

 

 

そんな冗談もそこそこに、ビスケットをよく見てみた。

 

骨の形をしている。

 

 

''あぁ、これ、犬の餌だ。''

 

 

そういえば、何ヶ月か前に犬用シャンプーで髪の毛を洗ったこともあった。

 

もう犬なのかもしれない。僕は犬なのかもしれない。

 

なわけ。

 

 

 

 

今日も野良猫に会いました🐈

 

f:id:hayasemaru903:20170715232910j:image

 

f:id:hayasemaru903:20170715232952j:image

 

f:id:hayasemaru903:20170715233008j:image