はやせ。の日常diary

~人生その場のテンションで~

黒髪至上主義の揺らぎ…

 

久しぶりに会った先輩が、

 

とても黒髪の似合う先輩が、

 

銀髪になっていた。

 

 

僕は、日本人の髪の色は黒が最高だと思っていた。

 

しかし、その先輩の綺麗で派手すぎない銀髪にとても好感を持ってしまった。

 

とても似合っていた。

 

 

そして、家に帰り着いて気づいた。

 

 

そうか、あれは、銀髪が素敵なんじゃなくて、

 

顔が綺麗だから、どんな髪型でも似合うんや。

 

 

スッキリした。